個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

借金を大幅に減らせる

バッジ

保有財産を精算

借金返済でお悩みの方、返済期限を大幅に遅れていて返済をしなければならないことは分かっているが、そのお金が工面できない、毎日督促の電話が鳴り止まない、そういった方は債務整理を弁護士に相談されることです。債務整理とは借金問題を法的に解決する方法です。債務整理といってもいくつか種類があるのですが、一番多く利用されているのが任意整理です。過払い金がある場合、減額をして将来利息をカットして返済しやすくできる手続きです。しかし、2010年以降に契約したローンに関しては法律の範囲内の金利で契約がほとんどですので過払い金は発生しておらず減額することができないのです。利息カットはできますが、それでも完済するには到底難しい程借金を抱えている方もいます。任意整理で難しければ、個人再生を検討することになります。個人再生とは、裁判所から認可をもらうことで借金を大幅に減額できます。その減額は、借金を5分の1〜10分の1まで減らせる手続きです。その減額された金額を返済できれば残りの債務は免除される手続きが個人再生です。任意整理よりも個人再生は減額効果が大きいですがデメリットもあります。自分の保有している財産を精算しなければならないデメリットがあります。財産を処分するのでマイホームも処分しなければならないと考える方もいますが、それは自己破産のケースです。個人再生の場合は、マイホームを残したまま手続きができます。財産処分のデメリットはありますが、処分する財産が多ければ減額金額も大きくなります。デメリットも理解したうえで個人再生を行います。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.