個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

債務を残して返済をする

相談会

住宅などが残せる

借金が多くて返済するのが難しい時、収入も返せないぐらい少ないのでしょう。となるとこれから先も返済するのが難しく、その間もどんどん利息が増えていきます。返せる見込みのない借入があっても、取り立ての恐怖におびえるだけで生活に支障出てきてしまいます。そこで法律においては債務整理と呼ばれる方法で対策が取れるようになっています。素人でも行えますが、通常は法律事務所などに相談をして、手続きをしてもらうことが多いです。債務整理の一つとして個人再生があり、裁判所に申請をすると借金を大幅に減らしてもらえます。債権者に借金の全ての情報を出してもらい、返済計画を作成します。それが実行可能であれば認められます。デメリットとしては自己破産のように借金がすべてなくなるわけではありません。一定割合が残されて、その返済を続ける必要があります。自己破産のデメリットとして住宅などを手放す必要がありますが、個人再生であれば住宅を維持したまま債務整理ができます。個人再生のその他のデメリットしては、借入が一定期間できなくなる点があります。しかしこれは他の債務整理も同様になります。任意整理であっても自己破産でもしばらく借入はできません。個人再生のデメリットとしては返済を継続する点がありますが、現在の仕事で一定の収入があれば認めてもらえます。裁判所に認可を受ける時には返済可能かも含めて見られるので、認可を受ければ努力をすれば返済ができるはずです。完済するまで努力しないといけません。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.