個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

環境を変えずに問題解決

法律書

計画的な再生案の安心感

住宅ローンの返済が苦しい。その上、キャッシングなどにも返済しなければならない。こんな借金問題に悩まれている方はいないでしょうか。そのまま問題を放置していると、住宅ローンを滞納し競売手続きが始まります。つまり、マイホームを失い、家族全員が路頭に迷う恐れがあるということ。そうなる前に弁護士に相談し、個人再生で借金問題を解決しましょう。個人再生とは、裁判所に申し立てることで債務を大幅に減額できる債務整理です。任意整理や自己破産とは異なり、マイホームを手放す必要がないのが大きな特徴です。債務整理には生活環境が変わるデメリットがありますが、個人再生であればお子さんがいる家庭も安心して申し立てられます。また、債務が5分の1ほどまで減額されるため、返済が一気に楽になるのも魅力的です。デメリットとしては、官報に掲載される、今後5年から10年ほどは借り入れができないことが挙げられます。ただ、官報を閲覧する人は非常に少ない上に、新規借り入れができないことは健全な家計につながります。デメリットがデメリットではないのも、個人再生の特徴です。弁護士に個人再生を依頼した場合には、30万円から40万円ほどの費用がかかります。ただ、報酬の支払いまで含めた再生計画案を立案してくれるため、支払いに困ることはありません。まずは弁護士に相談し、個人再生の詳細な説明や見積もりをしてもらいましょう。借金の相談は無料で対応する弁護士が多く、手元に現金がない方も安心して相談できます。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.