個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

リスクを把握しておこう

電卓とお金

リスクの種類

個人再生とは、大幅に借金を減額できる債務整理です。家族など周囲に知られる可能性は低く、財産を失うこともありません。免責不許可事由もないため、ギャンブルなどで作った借金でも整理することができるのが特徴です。しかし個人再生には、メリットばかりではなくデメリットも存在します。個人再生のデメリットは支払い能力が求められる、免責不認可を受ける可能性がある、5年〜7年は新たな借り入れはできないなどがあります。まず個人再生は借金を大幅に減らすことができますが、減額した債務を返済していく必要があるので収入があることが条件です。そのため収入がない又は低い等の理由から支払う能力がないと手続きはできません。また、財産を失うデメリットはありませんが、債権者の大半が異議を唱えると不認可を受ける可能性はあり、すると個人再生はできないでしょう。そして、個人再生をすると個人信用情報機関に事故情報が記録され、これは情報機関によって5年〜7年間残りつづけます。事故情報は債務者の過失であり、融資における信用がないということになるので、この間は借入れ審査に通過することは基本的にできません。審査に通過できないからと闇金に手を出してさらに大きなリスクを背負う債務者も少なくはないため注意しましょう。事故情報の記録が抹消された後は審査に通過することも可能です。ただ、個人再生をした債権者の審査に通過することは二度とできないというデメリットはあります。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.