個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

借金が大幅に減らせます

天秤

新たな借入れが困難

個人再生は裁判所を介して行う手続きで、借金額を圧縮し減額された借金を原則3年で返済できるように返済計画を立て、計画通りに返済できれば残り借金は免除となる債務整理です。個人再生は自己破産と同様に保有している財産を処分しなければならない手続きですが、現在返済している住宅ローンを整理の対象から外せばマイホームを処分せずに守ることができます。住宅ローン以外のキャッシングやカードローン、その他各種ローンの残高を圧縮するできますので、これまで苦しかった返済も楽になり、現在住んでいる住宅にそのまま住み続けながら返済を継続していくことができます。また、個人再生には免責不可事由がないのです。自己破産であると、借金が膨らんでいってしまった原因がギャンブルやショッピングなど趣味嗜好等で借金を増やしていってしまったら免責不可事由に該当し借金を免除してもらえなくなるのです。個人再生は、免責不可事由がありませんので借金を作ってしまった理由が何であれ関係なく整理することができます。個人再生にもデメリットがあります。新たな借り入れが困難になるデメリットがあります。信用情報には個人再生した事実が登録されますので、5〜7年は新たな借り入れは困難です。2つ目のデメリットは、官報に掲載されます。名前が政府の広報誌である官報に掲載されますが一般の人が目にするようなものではないのであまり気にすることではないです。3つ目のデメリットは、手続きが非常に複雑であることです。個人でも行える手続きですが、期限までに準備しなければならない書類や初めてだと内容を理解するのに時間がかかるもの、自分で返済計画案を作成するなど素人には困難です。弁護士依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.