個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】

借金を大幅に減らせる

バッジ

個人再生は、借金総額が最大5分の1〜10分の1まで減額することができる債務整理です。しかし、借金を減額させるために財産を処分しなければならないデメリットはありますが、マイホームなど生活に必要なものは維持したまま手続きできます。

詳しく見る

借金が大幅に減らせます

天秤

個人再生は借金を大幅に圧縮できる手続きですが、官報に名前が掲載される、信用情報に登録され借り入れが困難になるデメリットがあります。そして、手続きも複雑で困難ですので弁護士に個人再生を依頼されるのがおすすめです。

詳しく見る

環境を変えずに問題解決

法律書

生活環境をそのままで借金問題を解決できるのが、債務整理の個人再生です。マイホームを手放すことなく、債務を大幅に減額できます。大きなデメリットはないため、安心して裁判所に申し立てができるのも個人再生の特徴です。

詳しく見る

債務を残して返済をする

相談会

個人再生は債務整理の一つで、借入金を大幅に減らすことを裁判所に認めてもらう方法です。デメリットしては自己破産のように借金がすべてなくならないところになるでしょう。その反面住宅など資産を選別した返済計画を立てることができます。

詳しく見る

リスクを把握しておこう

電卓とお金

個人再生は大幅に借金減額ができる債務整理ですが、効果が高い分デメリットも少なくはありません。後悔しないために、まずはデメリットをよく理解した上で個人再生を行うべきか考えることも重要になってくるでしょう。

詳しく見る

裁判所での手続きが必要

ジャッジガベル

プロのサポートを利用する

借金の返済がかなり難しい場合は、自己破産を選ぶという方法もありますが、この場合は価値ある財産があればそれを手放さなくてはいけません。マイホームを持っている人にはデメリットも多い方法と言えます。マイホームを守りながら借金の大幅減額を目指すなら個人再生も検討してみましょう。個人再生は住宅ローンは今までと同じように返済することができ、しかも他の借金は大幅に減らすことができる方法です。個人再生にもデメリットはないのかも知っておきたいですが、まず借金は全てなくなるわけではありません。そして、減額された借金は5年程度で支払う必要がありますので、支払い能力がないと判断されると手続きを行うことはできません。個人再生のデメリットとしては、他の債務整理をした時と同じように今後5〜10年程度は新たに借り入れをしたりカードを持つことは難しくなってしまいます。さらに官報と呼ばれる国が発行する機関誌に住所や氏名も掲載されることとなります。メリットばかりではありませんが、住宅や自動車などの価値ある財産を持っている人はそれを手放す必要はありませんので、メリットの多い方法と言えるでしょう。いざ、手続きをする際のデメリットとしては、裁判所での手続きが必要ですので、全く法律の知識がないと個人で手続きを行うのは難しいということもあげられます。とはいえ、こうした手続きもプロのサポートを利用するとスムーズに進めていくことができます。まずは借金問題に強い法律事務所を探し、相談してみましょう。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットよりも得るものが大きい【メリットの多い方法】 All Rights Reserved.